保険申告(必読)

2013年までのBRM参加に当たってはAudax Japon会員(以下 AJ会員)に登録して団体保険にするか、AJ会員でない方は主催者が用意する開催日のみ有効なスポット保険に加入をすることでBRMやフレッシュに参加できました。

2014年からは上記の保険制度を止め、参加者の皆さんが自身の責任で保険に加入を義務づけます。
BRM、フレッシュに参加する場合は参加者自身がサイクリング中の賠償事故を補償する損害賠償保険(補償限度額1億円以上)への加入が必須となります。

BRM募集におきまして、申込時に「保険会社名、保険種類、証券番号、賠償金額、加入期間、死亡後遺症金額」を申告していただきます。

また、賠償責任保険金額におきましては最低1億円以上が最低条件です。

2018年1月1日より賠償責任保険金額を変更いたしました。

ただし、賠償責任保険金額1億円以上の保険への加入を強く推奨します。

  • BRMに参加するのに必須の保険は賠償責任付き保険です(BRM/AJ規定)。
    参加者本人の死亡や後遺障害時の補償は必須ではありません。
  • BRM中に起こした事故によって損害賠償責任を負った際に支払われる保険であれば、保険会社、保険の種類は問いません。
  • 参加するBRMやフレッシュのスタートからゴールまでが保険期間に含まれていれば、保険期間も問いません。
  • すでに加入している保険でも、新規に加入する保険でも構いません。
  • BRM中の事故が補償対象かどうかはご自身で保険会社に確認しなければなりません。
  • ランドヌール熊本がどの保険がブルべに対応しているか回答いたしません。
    ランドヌール熊本が保険会社に対して確認することはありませんし、責任も負いません。
  • BRM中に事故が起きた場合は参加者自身の保険で処理をしなければなりません。
  • しかしBRM中の事故により大きな怪我を負う可能性はありますので、参加者本人の死亡や後遺障害時の補償にも加入しておくことを強く推奨します。
  • JCA会員の自転車総合保険・TSマークはブルべには対応していませんので、ご注意ください。再提出となります。

この機会にご自身で加入している保険を知っておくことが大切です。

保険期間について改めて確認をしてください。

加入している保険が補償期間を過ぎていたとならないように注意してください。

保険に加入していない方の参加はBRM規則第4条により固くお断りします。

また、保険の申告がない方はBRM参加不受理として取扱い、参加料はスポーツエントリー利用手数料・現金書留代を差し引いた金額を返金いたします。

下記に該当する場合、当該BRMの認定を取り消し、以後のBRM参加をお断りします(全国共通)。

  • エントリー時の申告内容が虚偽(無保険や補償金額の不足など)であることが発覚した場合(BRM/AM規定4条の違反)
  • 参加者が起こした事故により発生した損害賠償責任が、ACP、オダックス・ジャパン、主催クラブ、主催者およびBRM開催の協力者(例:スタートやゴール地点の所有者や貸主など)に及んだ場合(BRM/AJ規定5条の違反)

賠償責任保険に加入することはサイクリストに限らず、自転車に乗る方全員に必須です。旅行保険といった短期の保険ではなく、日常のサイクリングで補償される保険に入らなければなりません。