Trace Japonコース設定方法

概要コース設定申込方法出走・ゴールFlècheとTrace

最後までお読みください。
Flèche Japonでは主催者がコースを設定するのはなく、参加者の皆さんにコースを設定していただきます。2018年のエントリー時にコースを精査しましたが、再提出が多くみられました。

修正で多くみられた点
1.多くみられたのがPC間(この場合は通過チェック)が最短距離で結ばれていない。
2.コース提出時にコントロールや24時間目の場所の記載がない。
3.コース上に同じ道を設定している
(BRMでは認められていますが、Flèche/Traceでは認められません)
以下、コース設定方法を説明します。詳しくは下記ファイル「Fleche Japon規定の補足説明」をご覧ください。

コース設定の方法

1.距離は200km~360kmの間で設定してください。

2.理想的なコースはなるべく一方向にすること、ゴールをナイスプレイスに設定してください。したがってゴールは神園山荘になります。ナイスプレイスとは参加者が集合する場所です。ナイスプレイスは未定です。

3.1mでも同じルートを設定することはできません。 行って戻ったり、往復ルート、ルートがクロスするなど。

4.ループ状のルートは認められます。
しかし、ループ状でもクロスしたコースは認められません。

5.フェリーを使用することはできますが、望ましくはありません。

6.峠を迂回するために鉄道やバスでの輪行するのは認められません。

7.余裕を持たせたコース設定にすることをお勧めします。

8.PC(Point de contrôle)間は最短距離かつ最低50km以上離して設定してください。PC間は最短距離でショートカットできないように設定してください。

PCはスタート・ゴールを除き最低3か所設定してください。多くのチームがコンビニエンスストアを設定していますが、コンビニエンスストア以外の証明を利用することをお勧めします。

9.複数チームが同一コースを使用する場合は、スタート時間をずらすよう主催者が指示します。指示された場合は運が悪かったと思って修正してください。

10.コース確定後のコース・スタート時刻変更はできません(変更によって、後で申込したチームとの重複を避けるため)。

熊本地震による通行止め区間について(重要) 
通行止め区間が最短の場合は以下の通りとします。
通行止め区間を迂回したコースで申請する場合、申請期間中に通行止め解除で最短ルートにならない可能性があるため、迂回区間にPCを設定してください。場所はバス停や神社、証明方法は写真でもかまいません。
通行止め区間をコースを申請する場合、距離が伸びるためPC設定する必要はありません。なお、通行止め区間が最短でない場合は最短になるようPCをコース設定してください。

道路状況にが復旧していない箇所が多くあります。
コース設定の際は下記リンクを必ず確認してください。
国土交通省九州地方整備局熊本地震情報
熊本県防災情報
日本道路交通情報センター

担当者/連絡先/申込先

  • 当日、出走した後の連絡先についてはブルベカードに記載しております。
  • 出走中は下記メールアドレスは使用できませんのでメールでのDNFは必ずブルベカード記載のメールアドレスにご連絡ください。
  • その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。ただしお返事が遅くなる場合がございますが、ご了承ください。
  • 担当者: 長友
  • 連絡先メール:poncho.rkumamoto@gmail.com